田舎をでたくなった4つの理由

今は東京に住んでますが東京はいいですね。本当に多くの人がいて十人十色の夢をもっている人がいて関わる機会も多く刺激的な街です

こうしておれは東京にきて念願の執筆活動ができる環境で活動ができて刺激的な人たちとの出会いをっ通して原動力を手に入れることができている。

今回は東京にきた経緯を話そうと思う

 

 

田舎をでたくなった4つの理由

1.居心地のよすぎたホームタウン

おれの生まれたところは愛知県蒲郡市って町で人口約8万人が住んでて、温泉があって競艇場の他にラグーナっていうテーマパークもあって観光資源があるまちの出身です。

海が近いから漁業も盛んで魚が旨いですよ。春になると潮干狩りしてあさりをバケツいっぱい採って酒蒸しにして食べるような生活してました(2017年4月現在、有毒プランクトンの影響でアサリから貝毒が出ちゃったみたいでホントに残念です)

生まれ故郷だけあって地元を愛してます。

生まれ故郷だけあって居心地が良すぎちゃったんですかね。帰国していざ目標に向けた活動をしようにも集中ができずにダラダラ寝て過ごしちゃった。

 

 

2.刺激のない環境

・会う人達は友達で、莫大な勤務時間と引き換えに安定した収入を得ています。話すことならいくらでもあるけれど会話が弾むこともなくスマホ中毒でゲームやりだすだけで退屈な関わりでした。かといって新しい出会いの場であるナンパスポットもないしイベントもなくそういった面では地獄でした。

3.車がなければいけない環境が嫌だ

駅周辺に全てが揃っている環境ではなく車で行かなければいけないようないどこにでもあるような田舎で胃居酒屋行くのためには誰かしらドライバーになる環境

税金もよくあがるし保険料も高いし車の維持費が高すぎるのが嫌だった

 

4.仕事の少なさ

障害者求人を探してみるとものすごく少なくて絶望的でした。待遇も悪そうだし、働く気も起りませんでした。

 

さらに5つ目を挙げるならば

5.ニートの弟の存在

ニートの弟がいます。弟はスマホアプリのオンラインゲームが好きで長時間黙々とやっているせいか弟の目は疲労して腐ってます。一緒にゲームをプレイしているどこかの友達を大事にしています。

弟の価値観を兄として理解してやりたいけれど成人を過ぎた大人なのだから趣味と仕事をもつべきだと厳しくしつけてみたものの効果はなかった

実家の雰囲気が悪いのだ

かくいう管理人も仕事も決まらずに家族からすればワケのわからん活動をしている管理人が家で作業するにはダブルニートになってしまう

兄弟そろってプー太郎という環境が両親に心配をかけまくっている

 

とういことから地元を離れる決断に至った

次の記事:本気で物件探してみる ☞ 

投稿日:2017-04-28 更新日:

執筆者:

google adsense

オレの自由を追求するブログ

サイトをみにきてくれてありがとうございます

管理人のヒデと申します。10歳で重病で死にかけて体の自由が利かなくなり障害者歴15年/5年働いて鬱になった/貯金使って世界一周歴2年

好奇心旺盛な25歳、作家の夢を叶えるべく今日も活動中!
このサイトを使って自分のPRと役に立てる情報を発信していきます。

初めてこられた方は見ていただきたい→自己紹介

Instagramやってます!フォロープリーズ!!

世界一周は地球をぐるっとまわってきました!?