料理 海外旅行

世界一周から帰ってきた日本人は太るっていう噂は本当!??

投稿日:2017-04-24 更新日:

Pocket
LINEで送る

 

さて皆さん世界一周の旅はどうでしたか?現地で食べた料理のご飯が思いのほか美味しくて食べすぎたり、ビールが安くて思わず飲みすぎたりしちゃう経験ってだれでもあると思うんですけど今回はそんな海外のお腹周りに多大な影響力のある国をお伝えします。

 

メキシコ タコス

タコスといえば激辛で有名なメキシコの国民食

餃子の皮のようなトルティージャという記事で旨辛な具材を包んで食べることが一般的なんですけれど、そのトルティージャがお腹に溜まるんですよタコスも辛さを調整できるとはいえやっぱり辛いんで喉乾いてそこをコーラでグイっとするのが好きでした。メキシコに着いて数日は3食の食事で過ごしていたら一気にお腹が出ちゃいました。朝ご飯を遅めに食べてあとは晩御飯だけにする2食生活に移行したのはメキシコ終盤だったのものでだらしのないお腹になっちゃいました。

トルティージャは炭水化物兵器だ。トウモロコシ粉や小麦粉に塩など混ぜて作られるんでカロリーは高いことを後々わかっちゃって後悔

 

インド ベジタブルカレー

厳しい食制限のあると知られるインドでも激太り飯があるんです

イスラム・ヒンドゥー教の戒律では牛肉や豚肉や酒が禁止されていので国民食事はベジタブルカレーになっています。ベジタブルだから体にいいのかと思いきや腹がでてきました。インドのカレーは実はさほど辛くはないのですけど数種類のスパイス(マサラ)や油が使われていて、毎日カレー食べて町を歩き周って観光しているのにも関わらず腹が出てしまいました。科学的な根拠を証明できる文献は読んだことはありませんがオレの腹が出たのはベジタブルカレーが原因だと考えてるからねインディアンマジックってやつですね

 

アメリカ ハンバーガー

ロサンゼルスしかいったことないのですけれどアメリカでの外食マクドナルドやケンタッキー、バーガーキングといったファーストフードのチェ-ン店が多くありましてコンビニはあるけれど車を使っていかなきゃいけない距離にあったりするような国なので安くてお腹いっぱい食べたいと思ったらハンバーガーを食べに行った方が手っ取り早い、またアメリカンサイズのフライドポテトやドリンクは大食いのオレでも多いと思ったほどファーストフード店でダイエット思考を思い浮かべることは至難の業ポテト一本から残す努力をしましょう

 

日本 和食

これまで色んな国に行って過剰なカロリー摂取をしてきました久しぶりに日本に帰ってくると抑えていた食欲が抑えられなくなりますね。

牛丼、ツナおにぎり、トンコツラーメン、唐揚げ、うどん、チゲ鍋、焼肉、寿司、天ぷら、カレー、かつ丼、納豆、卵かけごはん、味噌汁、やきそば、焼き鳥、ウナギ、がまごりうどん・・・・・

日本は食の宝庫でした。気が付くと毎回体重を図っていましたが最高で78kgありました。さすがに体が重たかったです。

出国前は72kgだった体重が帰国当時は74kgで日本に帰ってきてからというと78kgすばらしくも右肩あがりに体重増加してましたということで噂は本当です。皆さん取り返しのつかないことになる前に体調管理をして食欲を制限しましょう

 

google adsense

google adsense

-料理, 海外旅行
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



チャンネル登録おねがいします


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介