ニュース

20年ぶりの新紙幣発行

投稿日:

Pocket
LINEで送る

 

日本銀行は2024年度前半に千円、5千円、1万円の各紙幣(日本銀行券)を一新させる。麻生太郎財務相が9日午前に発表した。刷新は04年以来。千円札の図柄は北里柴三郎、5千円札は津田梅子、1万円札は渋沢栄一になる。「平成」から「令和」への改元機運を盛り上げる。自動販売機などの関連需要が生まれるため、景気刺激の効果もありそうだ。nikkei.com より引用

 

20年ぶりの新紙幣発行

 

 

 

 

生涯2回目の新紙幣の発行で新時代の幕開けのような気分です

2004年の新紙幣発行時には私は中学生をしていました。新紙幣の発行開始のニュースの三日後にお小遣いの1500円をお父さんからもらいました。自慢げなお父さんの手には噂されていた新紙幣の野口英世が握られてました。

 

 

新紙幣の発行はあっという間に生活に浸透していきます。

中学生の時私が新紙幣を入手したのは三日後でした。老若男女問わずものすごいスピードで紙幣交換は行われていきます。

 

 

 

旧紙幣はどうなるの?

新紙幣が印刷されていくと随時旧紙幣は焼却されていきます。紙幣の刷り過ぎは日本円の価値を下げてしまうので多量の食料を輸入に頼っている我が国では日本円の価値を下げると飢餓が発生してしまいます。

 

外国人労働者が多くなる中で混乱が大きくなりそうです

安倍総理も推していました通りこれからもっと外国人労働者を受け入れる方針で日本は推進していくのですが、ごくたまに2000円札が回ってくることがあります。外国人のレジ打ちに2000円札でお会計をしてみると、固まっていました。なんとかお会計は終了しましたが新紙幣の導入初期は混乱は避けられないでしょう。

 

google adsense

google adsense

-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



チャンネル登録おねがいします


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介