海外観光情報 海外旅行

【台湾高雄のクラブ】激安飲み放題のLamp Discoに一人で行ってみてナンパしてみた

投稿日:2019-05-25 更新日:

Pocket
LINEで送る

どうも管理人です。台湾第二の経済都市の高雄にもクラブがあったので寄ることにしました。高雄には2つ有名なクラブがありました。Lamp DiscoとMuseという2大のクラブがあります。宿の人のお勧めがLamp Discoだったので実際に行ってみました

 

 

 

台湾第二の都市、高雄クラブに行ってみた

 

 

高雄にある2大のクラブ

Lamp DiscoとMuseという2大のクラブがあります。宿の人のお勧めがLamp Discoだったので行ってきましたがMuseの方が良さげです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Lamp Disco

土曜日のクラブはサラリーマンたちもお休みなので開演時間から混雑するかと思えばガラガラでした。台湾のクラブで共通していることがありました0時過ぎにならないと人が集まりません。

 

 

 

 

Lamp Discoの値段

パスポートのチェックがあり土曜日の値段は600台湾ドルでした。飲み放題でこの値段はとても安く感じました。チケットとグラスを交換しておかわりりのドリンクはグラス交換になっていたのでグラスを手放せませんでした。

 

 

 

ビールはなぜかTigerビール

人が集まってくるとカクテルの行列がすごいことになっていました。Tigerビールは別口にあり2秒でもらえました

 

 

 

敷居が低いDJ

ピーク時間になるとDJがボトルを口に突っ込んできます。設備は台北のクラブよりも安っぽいですが親近感が湧くクラブでした

 

 

 

日本人というとキラキラする台湾女子にあった

本当にこのバーは女の子が少なかった。全ての女の子に話しかけてみましたが会話が盛り上がりませんでした。その中でもよく大阪に旅行する旅ずき台湾女子と出会った。

ドイツ人の人にしつこいナンパの末この子は何処かに消えていった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

翌朝自分のゲロで汚れた服を見てこのクラブでは会話が弾まずのみのペースが上がったと反省しました

 

google adsense

google adsense

-海外観光情報, 海外旅行
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



チャンネル登録おねがいします


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介