ナンパ 都心生活(初めての一人暮らし)

【コリドー街のナンパ】ロリッ娘のイップネちゃんを取り合って喧嘩になりました

投稿日:

Pocket
LINEで送る

ゴールデンウィークのコリドー街で有名なナンパスポットの一つのバーにやってきました。いつもの活気とは違って店内はガラガラでのんびりお酒を楽しむことができ少しだけ贅沢な気分になれました。年下のロリッ娘が来たのでDNAがすごいことになりました。

 

 

超タイプの年下のロリッ娘ちゃんをナンパします

 

 

計画的なナンパ

この日一番のタイプの女の子が登場しました。公務員職場の飲み会の帰りで1人飲みしていたイップネちゃんひとりで飲んでいるようだったのでまず相方Sがひとりで話しかけにいきました。

私はトイレをすませて戻ってくるとイップネちゃんはいなかったのでエスと反省会をしていた。相方Sが言うにはイップネちゃんは戻ってこないであろうと。一番タイプの子と出会えたのに一言も話せなくて残念な気分になった。

 

イップネちゃんが再登場でテンション上がらずにはいられなかった

ところがイップネちゃんが再登場しました。ドリンクを取りに行ったようでした。遠目からみても好みのタイプのイップネちゃんは近くで見てもとても可愛らしかった。

小柄で半年前からショートヘアーにした黒い髪の毛、もみあげを内巻きにまき顔の輪郭に沿わせているお洒落なショートカットで柔らかい印象の女の子、渋谷によく歩いていそうかデニムを肩にかけた服装がよく似合っていた。

何これドキドキが止まらない

なにかビビッとくるものがあってこれ付き合ってみたいタイプの女の子だなと何かを感じました。言葉では言い表せない直感を感じていた。

 

ハプニング

相方Sと計画的にヒロセちゃんの距離を詰めてきたのにところで180センチ越えのギラギラしている男が邪魔してきたのです。ギラ男は飲みすぎて舌が回っていないのか言動は小学生並みのそれで知性を感じない。

 

ギラ男:「俺たちと一緒に飲もうや、いいからこいよ。」

 

ギラ男:「おれ、きんちょうしてるわ。。。・・・・」

 

ヒロセちゃんを連れ出そうとするギラ男だったがヒロセは拒否してるのにしつこく連れ出し連呼、嫌がってるぞーとブーイングするものの一行に引かないギラ男は俺のことをディスリだしてぶっ殺してやりたくなってきた。

 

ギラ男:「なんでこんなしけた奴らと飲んでんの?、いいからこいよ」

 

 

こんな非常識な奴はこんな高貴な場所には不釣り合いで僕たちは相手にしないでいると沈黙が続いてギラ男だけが独り言を喋っていた。そんな冷たい空気がしばらく続きギラ男はやっと僕たちの周りから何処かに行ってくれた。

 

 

今まで楽しかったムードが一変して別れの時が来た

それにしても全てのムードが台無しになってしまった。イップネちゃんは怖くなってしまったのか急いでバーを出て行ってしまった。連絡先をしようか・しないかでイチャイチャしている時にギラ男の乱入だったので連絡先の交換はできなかった。

ギラ男がいなくても連絡先交換ができたと言う保証はないけれど僕にとってその行為がとても大事なものだったけれど妨害されてしまいました。

ここでイップネちゃんを追いかけに行っても怖がられてしまいそうで僕は一体どうすればいいのかわからなくなり

とりあえずギラ男を殺しに行こうと思った。もちろん乱暴なことはしませんよ!

 

ギラ男の元に謝罪を求めに行く

ほかのテーブルでギラ男を見つけたので文句を言うとギラ男は謝罪することもなく僕の胸ぐらを掴んできました。こいつは自分が何をしたのか理解していないようでした。自分に歯向かうものは全て暴力で解決できると信じ込んでいるただの喧嘩狂だったのです。

もう全然美味しくなくなってしまったお酒は僕にとって不要なものだったのでグラスに入ったドリンクをギラ男にぶっかけてやった。

 

取り押さえられるギラ男

ジーパンにTシャツのダサい格好が少し濡れていけてる服にしてあげました。ギラ男は掴みかかってきましたがすぐにボーイが駆けつけてくれて仲裁に入ってくれた。

酒ぶっかけてもまだ頭が冷えないギラ男は頭に血を登らせて怒鳴り叫んでいました。

店員さんの対応も完璧で僕の話を親身になって聞いてくれました。「大人の対応ありがとうございます。」とお店から見送っていただき心がすっと軽くなりました。

 

ネガティブがバレたらナンパは失敗する

こんなハプニングははじめてでした。ハプニングが起きて混乱するとネガティブが思考に支配されます。ネガティブはユーモアを消し去って言葉数を減らします。表情と雰囲気を作ることに集中して全精力を持って女の子に営業をかけるナンパにはネガティブは大敵です。きっと次に同じようなことがあってもネガティブで全部が潰れてしまうでしょう。

ナンパの難しさと厳しさを改めて思い知らされました。

イップネちゃん大好きだったよ。もう一生会うことはないだろうけれど凄く心地のいい時間を与えてくれてありがとう。

 

google adsense

google adsense

-ナンパ, 都心生活(初めての一人暮らし)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



チャンネル登録おねがいします


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介