ナンパ 都心生活(初めての一人暮らし)

テキーラ女子にテキーラ奢ってみたら育ちが悪かった

投稿日:2019-06-11 更新日:

Pocket
LINEで送る

20XX年5月もう夏は直近のコリドー街は週末にもなると多くのサラリーマンとOLで賑わっていました。20代半ばから40代前半の安定収入を得ている爽やかにスーツを着こなす男性たちと20代半ばから30代の何かを求めてやってくる気品ある女性達が華金の夜を酒を飲み交流しています。そんな楽しそうな空間に取り残されるように私はひとりで来てしまいました。ひとりでナンパに向かいます。コリドー街で有名なナンパスポットのバーにやってきました。テキーラ女子にテキーラを奢ってみます。

 

 

ナンパしてみて最も価値のなかった出来事

 

 

ナンパしてみます

いかにも身体中にアルコールが回っている二人組の女の子がフリーでした。いつものようにためらいなく話しかけに行きました。年齢は僕よりも年上で当てに行くと30代前半ぐらいに見えますそんなOL風の二人組でした。

 

女の子:「ねぇ、テキーラ奢って」

 

女の子の第一声がこうだったのでテキーラを奢ってみることにしました。

 

 

 

テキーラ女子にテキーラ奢ってみます

よく初対面の男性を財布と勘違いしている女の人と出会います。だいたい奢ってあげますが、極たまにグラスを渡すと乾杯もなく走って逃げていく女の子もいます。

まるでインドの子供に日本のお土産を渡した時にそっけない態度でスラムに駆けていく光景のように僕は見えました。

 

テキーラを奢ってみましたが乾杯の前にもちょっと批判的な出来事がありまして

 

女の子:「塩がないレモンがない、ちょっとバーテン!もってこい!」

 

シラフだとどうか知らないけれど言葉遣いが悪い女の子でした。30代を超えた女の子にはあるまじき品のない仕草に見えました。奢ってしまって後悔しました全然タイプの子ではありませんでした。

 

テキーラで乾杯!

 

女の子:「もう終わっちゃった、もう一杯奢って!」

 

私:「絶対にヤダ」

 

 

少し会話して僕がこの子達と絡むメリットがなくなってしまったので退席しました。女の子はこの子達だけじゃない。東京にはもっとたくさん素敵な女の子がいます。同じ空間にいると嫌だなと感じたら私はすぐに離脱します。どうせ一生会うこともないのだから。

 

 

 

SNAPPER&GROUPERというテキーラのお店

あの女の子達はSNAPPER&GROUPERというコリドー街でテキーラで有名なお店で飲んできたところのようでした。僕はまだ行ったことがありませんがお酒強そうな人が集まりそうでただならぬ雰囲気を感じています。

 

 

google adsense

google adsense

-ナンパ, 都心生活(初めての一人暮らし)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



チャンネル登録おねがいします


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介