ナンパ 都心生活(初めての一人暮らし)

シカトされたくないのでメリットを提供できる男になるしかない

投稿日:

Pocket
LINEで送る

20XX年3月は春が近くなっているので日に日に温かくなってきていていました。まだまだ外は冷えますが週末のコリドー街は多くのサラリーマンとOLで賑わっていました。20代半ばから40代前半の安定収入を得ている爽やかにスーツを着こなす男性たちと20代半ばから30代の何かを求めてやってくる気品ある女性達が華金の夜を酒を飲み交流しています。そんな楽しそうな空間に取り残されるように私はひとりで来てしまいました。ひとりでナンパに向かいます。コリドー街で有名なナンパスポットのあるバーにやってきました。

 

ひとりナンパに失敗!女の子に無視されしまった原因とは

 

 

 

 

ナンパに向かいます

2人できていた女の子たちがフリーでした。白いワンピースに腰のところに茶色のベルト閉めてセミロングの毛先をコテで曲げているシルエットが綺麗で印象がフワフワした印象の女の子がまさに私の好みでした。

 

 

 

いっしょに飲みませんか?

 

 

 

しかし女の子たちは私の言葉を無視して二人で話し続けていました。

 

 

 

 

 

この二人が求めることを私が提供できなかったから無視されました

たったの一言でしたが私がこの二人のメリットになるものを提示できなかった、仮に私が提供できれば理屈上会話が成立していたと思います。

 

 

 

 

 

ナンパは遊びじゃなくて真剣勝負でした

ただ話しかけただけでは相手は耳すら傾けてくれません、ここはナンパされて当たり前のバーにいるわけですから私なんかが話しかけても見向きもされません。二人興味の惹くような希少性を私が証明する必要がありました。

 

 

 

 

 

 

この時間この場所この状況で女の子がメリットと思ってくれることは?

お酒を飲む前にご飯を食べる人が大多数でこの時間にご飯の提供はメリットになりません。

お酒を奢るのは酔いが足らない人にとってはメリットになりますが必ずしも話しかけた女の子がお酒飲みたいなんて考えは安直です。

 

 

 

 

 

女の子たちの求めているメリットは楽しい会話

お腹いっぱいの状況下で女の子たちが求めているものは会話だと思います。一言目から長くなくてシンプルな言葉で会話を始める必要があります。

 

 

 

 

 

女の子たちを振り向かせるための方法

女の子たちのメリットを話しかける前から察知してかける言葉を選ぶべきでした。無視された具体的な理由もわからず呆然としました。とてもタイプな子でもあったのでただ虚しさを感じていました。

 

 

 

 

 

 

女の子は私がその場を去るまで二人で話していました

やっと探していた好みの女の子でしたが相手にもされませんでした。私は心の底から成長したいと思いました。

 

性格が悪い人だったんだときっぱり諦めて次の出会いに希望を膨らませることにします。

 

 

 

 

 

 

 

google adsense

google adsense

-ナンパ, 都心生活(初めての一人暮らし)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



チャンネル登録おねがいします


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介