ナンパ 都心生活(初めての一人暮らし)

男子と喋らない女子がナンパ相手に紛れている

投稿日:2019-06-29 更新日:

Pocket
LINEで送る

20XX年3月は春が近くなっているので日に日に温かくなってきていていました。まだまだ外は冷えますが週末のコリドー街は多くのサラリーマンとOLで賑わっていました。20代半ばから40代前半の安定収入を得ている爽やかにスーツを着こなす男性たちと20代半ばから30代の何かを求めてやってくる気品ある女性達が華金の夜を酒を飲み交流しています。そんな楽しそうな空間に取り残されるように私はひとりで来てしまいました。ひとりでナンパに向かいます。コリドー街で有名なナンパスポットのあるバーにやってきました。

 

 

コリドー街でひとりナンパをしてみた結果

 

 

 

 

ナンパに向かいます

2人できいる女の子たちがフリーでした。二人の容姿があまりにも違うくて見間違えることはなくて安心する組み合わせの二人でした。

 

 

 

 

 

 

 

対照的なコンビの女の子たち

背が小さくて長めのスカートに黒いカーディガンを着た可愛い子ちゃんとふくよかな体型で鼠色のジャケットにビジネス感あるフォーマルなスカートの子は笑顔が素敵でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛い女の子はコミュニケーション能力が高いが、やっぱり・・・

二人とも24歳で背の小さくて可愛らしい子とは楽しく会話ができていました。可愛いこはやっぱり男の人と話すことに慣れているのでしょう、しばらく会話は続きましたがふくよかな子は会話に入ってきませんでした。

 

このパターンは会話が長続きしません

 

 

 

 

 

 

 

よくないコンビの女の子をナンパしました

どうして女の子の二人組で来ている人のうち片方は緊張症の人なのでしょうか?会話が長く続いてお互いに信頼感が生まれてくるというのに緊張症の人は私とその友達の邪魔をしてしまうのでしょうか?

 

おきまりのパターンです。

 

女の子同士で突然話が始まったと思ったらその子たちは私のことをもう二度と振り向いてくれなくなりました。

 

 

うまくいかないナンパに葛藤しました。

 

 

 

 

 

 

 

でもあんなに可愛い子とお話ができました

ナンパしたのに何も発展せずに死にました。でもそれでもいいのです。女の子に冷たくあしらわれようが私は自力で話しかけてこんなに可愛い子とお話ができました。それだけです。

 

 

 

 

 

 

google adsense

google adsense

-ナンパ, 都心生活(初めての一人暮らし)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



チャンネル登録おねがいします


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介