ナンパ 都心生活(初めての一人暮らし)

バーでひとりお酒飲んでもいいんだって許された瞬間【ナンパに成功】

投稿日:

Pocket
LINEで送る

20XX年3月は春が近くなっているので日に日に温かくなってきていていました。まだまだ外は冷えますが週末のコリドー街は多くのサラリーマンとOLで賑わっていました。

 

20代半ばから40代前半の安定収入を得ている爽やかにスーツを着こなす男性たちと20代半ばから30代の何かを求めてやってくる気品ある女性達が華金の夜を酒を飲み交流しています。

 

そんな楽しそうな空間に取り残されるように私はひとりで来てしまいました。ひとりでナンパに向かいます。コリドー街で有名なナンパスポットのあるバーにやってきました。

 

 

コリドー街でひとりナンパをしてみたらひとりで来てた人と手を繋いで帰る結果になった

 

 

 

一人で飲みに来ることは必ずしも孤独ではない

 

バーにきている男も女もどうして友達と来ている人ばかりなんだろうね。女の子に話しかける隙もなく行き場もなくした私はひとり飲みしてたスーツ姿の38歳お兄さんとたわいもない会話で孤独を紛らわしていました。

 

 

 

ナンパですか?それとも飲みですか?

 

 

 

 

ナンパはしないよwここはお酒やすいし雰囲気がいいからねw

 

 

 

 

 

 

たまにかわいい子も見かけるんで雰囲気いいですよねw

 

 

 

 

 

ってことは君はナンパ目的か?君のタイプの女の子教えてくれい

 

 

 

 

 

あんまり人いないんですけど、あの子とあの子はさっき話しかけて性格ブスでした。あの子とあの子は日本語で話しかけても一言も喋らなかったので外国の人かも。

 

 

 

 

おお、すでに何人か声かけ済みなんだw

 

 

 

 

 

今のところタイプの子はいませんね。まだ話しかけてないですけどあそこにいる背を向けて一人で飲んでる女の人ですけど顔見てないですけどもしかしたらタイプかもしれません。

 

 

 

 

 

えっ、あの子は・・・なんで一人で飲んでるんだろうね。俺は話しかけには行けないわw

 

 

 

 

 

ちょっと確かめてきます

 

 

 

 

 

 

ナンパに向かいます

ひとりで飲んでた女の子がフリーでした。予期せぬ展開で一人で飲んでいて寂しい思いをしているところに私が話しかけたので会話が弾みました。

 

女の子:「友達と飲みに来る予定だったけど友達がインフルエンザにかかっちゃって飲みたかったから一人で来ちゃった」

 

 

じゃあ一緒に飲みましょう!カンパイ。

 

 

女の子:「あそこの人とは友達なの?」

 

 

 

さっき会ったばかりの人だよw

 

 

女の子:「なにそれw 私タバコ吸ってもいい?」

 

 

いいよ。オレも吸うからね。

 

 

 

自然と女の子との距離が近くなり体を寄せてきた。さりげないボディータッチにはさりげなく女の子の腰に手を添えた。

 

好みのクラブミュージックで体を揺らして手のひらの中の温もりと女の子の甘い香りがした。孤独な気分なんて一切感じなくなっていました。

 

 

女の子:「トイレに行ってくるね」

 

 

待ってるよ

 

 

 

 

「トイレに行く」という合言葉はサヨナラの合図が定番だが、いかに・・・

 

遠目でさっきのお兄さんと目があいました。お兄さんが親指立ててグットサインをしてきたのが見えてグットサインを返しました。

 

 

初対面のお兄さんのノリの良さw

 

 

女の子はどういう反応で戻ってくるのか気になります。笑顔も忘れるな、大きい声を出して唾はとばしちゃいけない、口の臭いも要注意でブレスケアしておこう。

 

いや、でも、ここで笑顔っておかしくねえか?

 

 

どんな顔して待っていればいいのかわかんなくなった

 

 

女の子:「お待たせしました」

 

 

女の子の表情がキラキラしていたのでサヨナラの合言葉ではなくてホッとしました。二人で向かい合って耳元で会話をさっきよりもより積極的な体の寄せ合いに顔がニヤケそうになるのを堪えるのに必死でした。

 

 

ライン交換を終えて手を繋いで駅に向かいました。一夜ではホテルどころかキスまでもいけないのが私の実力です。

 

 

 

 

 

google adsense

google adsense

-ナンパ, 都心生活(初めての一人暮らし)
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



チャンネル登録おねがいします


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介