海外旅行

オムスク(OMSK)で泊まったおすすめの安宿 Hotel Lucky

投稿日:

2019年7月に管理人はロシアの宿に宿泊してロシアを横断しました。世界一大きな国ロシアでソ連時代の名残が濃そうな都市オムスク(OMSK)の安宿を紹介する記事になります。

 

管理人はロシア国内の安宿はBooking.comで予約して利用しました。

 

 

オムスクで泊まったおすすめの安宿Hotel Lucky

 

 

 

ロシアの安宿は見つけずらい

 

旅の準備中にブログを読み漁りロシアの安宿は見つけずらいという不明確な記事を見かけました。宿泊する宿にもると思いますが実際にロシアに行ってみて安宿は確かにとても見つけづらかったです。

 

 

 

 

まるで宝探しロシアの安宿探しはエンターテイメントでした

 

ロシアを横断して6つの都市に寄り泊まりました。内4つの都市の安宿で宿見つけづらいなという印象を受けました。宿を選ぶ基準は口コミ評価が高く、中心地に近く、予約サイトに建物の外観の写真が載っていること、アクセスの良さを重視して選んで予約しました。

 

すごく無難な安宿を選んでいきましたが見つけずらく宿ばかりで何度もヒヤヒヤしました。思いのほか宿が見つけづらかったので宿の紹介と宿への入り方をこの記事でお話しします。

 

 

 

 

オムスクで泊まったおすすめの安宿Hotel Lucky

 

Booking.comで高評価の安宿でした。高評価通り宿の中は綺麗で清潔な宿でした。宿の人も親切な人でした。

 

ロシアの法律は路上飲酒は違反ということでお酒を宿に持ち込んで飲んでいると全ての都市の安宿の人に飲酒はやめてくれという反応でした。

 

しかしこのHotel Luckyだけは例外でした飲酒に対して寛容でバルコニーで酒を思う存分楽しめました。宿泊してるロシア人のおっさんたちは朝からビールを飲んでいて酒を勧められますが朝から酒は嫌なので断りました。

 

 

 

Hotel Luckyの位置はここになります。

 

Booking.com にあった位置情報は正確で建物は簡単に発見できました。入口も簡単に見つけられます。

 

 

迷うことなく着いたHotel Lucky

 

ロシアにしては珍しく迷わずにHotel Luckyまでいきチェックインできました。

 

『どうせロシアだし・・・。』心配になり慎重な対策を予約サイトに載っていたホテルの外見写真をバシバシスクショして、ほとんどロシア語で書かれている口コミの中から英文を探したりもしました。

 

 

赤星のオムスク駅前から3番バスは オレンジ星の Mayakovsko streetまで運行しています。バスを降りて徒歩1キロぐらいです。

 


 

 

 

ロシアの安宿にあったら良かったもの

 

ロシアの安宿はスリッパがなく宿泊者はサンダルを持参して履いていました。毎日掃除して清潔な宿に宿泊しているので汚くないだろうと裸足で生活していましたが結構砂っぽ異様ですぐに足が黒くなりました。

 

 

 

 

 

 

オムスクは2泊3日がベストです

 

7月オムスクは春みたいに気温がちょうど良く長袖シャツ暑いぐらいでした。滞在中も一切雨が降らず春のポカポカ陽気でロシアの中で一番和むことのできた都市でした。

 

ロシア横断に疲れた時にのんびりできる街とホテルなのでおすすめします。

 

 

【Booking.com】世界のホテル割引予約

 

 

google adsense

google adsense

-海外旅行
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

[instagram-feed]

チャンネル登録おねがいします

楽天カード利用でポイントが貯まる。関連記事を読む


サイト管理人のスズキヒデユキ(しんしょーハイド)です。

障害者っぽくない身体障害者です。パワハラから逃れるために世界一周2年間を経て東京に上京しました。世界一周中に障害者割引が使えたので情報発信しています。40歳までに国際障害者手帳を造って全世界に広めることが将来の夢です。
初見さんのために用意してお来ました→自己紹介